20代の場合競馬をし出して早10年齢傍なります。

20代のら競馬をし出して早10年代身近なります。馬券としてはどうも当たらないのですが、馬の家柄は感動するものがあります。競走馬として健闘したからと言って小児も凄いとは限らない、強い競走馬と力強い競走馬を掛け合わせても小児が強いとは限らない位置が楽しいです。トラブルも軽く外傷に泣かされていた馬と記録が決して残らず引退した馬の小児のほうがさっきの言っていた父母の七光りサラブレッドをなぎ倒すのだからどうも興味深い。自分が競馬を始めた初期競走馬と走っていた馬が引退して根本牡馬や増加牝馬になり、小児を産み、その輩がまた競走馬として走る。お前の叔父はここの科目が得意で重賞も勝ったんだぞと思うと馬券を買って応援します。馬券は当たらないし、馬も損するのですが叔父がいつか走った位置を孫が走り回るビックリで見ているだけでも泣けてきます。ただし、馬にはそんなに思っても自分の小児には自分とおんなじプランには進んでほしいとは思わないですね。(笑)http://lake-cardloan.hatenablog.com/